最近片麻痺仲間の相談に乗りました。

はっぴーエンド

やっぱり悩みどころは、終わりの見えないリハビリ生活に少し疲れたみたい。

それと体の半分が動かないためいろいろと諦めないといけないことが多くあることに気がついてあまり良いことを考えることができずにいたみたいでした。

ただ僕が感じるのは、多分悩むための体力が足りてない気がしました。

それは悩む時は空腹時にはあまりポジティブな答えを出していくことがが難しかったりします。

あとは寝不足や便秘の時はポジティブになりにくい感じがあります。

よく寝てよく食べよく動きたくさん排便するのが大事なんだとおもいます。

すると脳内のホルモンバランスが整い割と良い方の考え方が優勢になってきたりします。まずはここを整えることが大事だと思っています。

脳卒中になると脳に損傷を受けただでさえ、ホルモンバランスが乱れやすいのに加え日常が不便になりできないことばかりに目が行きやすくネガティブになりがちです。これは片麻痺の方に限らず、健常者でもネガティブ思考になりやすく鬱症状が出る方に多く見られるのですが僕は昔心理カウンセラーをしていたこともあり、脳科学とかよく勉強していました。もし相談してみたいなと思う方はコメントくださいね。

ではリハビリ生活という

長い挑戦を楽しく過ごしていけるようにということで最後にまとめです

よく食べよく動きよく寝るこれを意識して、自分の状態を良い方へ維持することが大事ですよ。

また、同時にできなくなったことよりも、発症時からできるようになったことにも目を向ける事も大事ですよ。

僕の場合は、発症時は長く昏睡状態だったようで、その影響か、歩くどころかベッドサイドに座る事さえできなかったのですがそれが今ではあるくことまでできるようになり、とても楽しく過ごしてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました